1・17

阪神淡路大震災から11年経ちました。
当時chizzntは大阪に居たのですが、それでもよく揺れたもんです。友達から電話掛かってきて、TV見ろと言われてチャンネル回して愕然としました。あんまりにも現実離れしすぎてて何が起こったのかよく分かってなかった覚えがあるのですが、19日にtもちゃんの所へお水とおにぎり持って行こうとして『被災地』に近づくにつれ実感が伴ってきたというか、梅田駅でも異様なザワザワ感があって、それは電車の中や甲子園駅でも雑然としてて、tもちゃん家に着いてみんなの疲れた顔を見て、そこで初めて大阪と西宮・神戸などの温度差に気付いたもんです。
TVで伝えられてる映像は確かに本物だけれど、その現場に行かないと空気や人々の心の傷とか恐怖とか、そういうのはリアルで伝わってこないのかもしれないと思ったもんです。

だから、思うわけですよ。

ヒューザーやら姉歯やら総研やら、頭悪いchizzntにはどこが一番悪いとかだからこう、だとか言えることはないんですけどさ。
あの地震を体験したり、被災地であの混沌としている街を目の当たりにしてたら、あんな真似はできんよなあ、と常々思うわけです。


震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by chizznt | 2006-01-17 23:48 | ごちゃんと。